BSニュース今日の世界 BS1:毎週月〜金曜 午後8時〜8時50分
総合 ☆☆☆☆☆ NHKBS1の夜のニュース番組。海外放送局のドキュメントの紹介が多く、構成も、世界各地の現状を幅広く扱い、ゲストに専門家を迎え、NHKキャスターが質問をしながら進行していくなかでトピックの抱える問題の両面性を指摘しながら話を進めていくなど興味深い。まとまったコメントが英語で聞けるこの手の番組となると米英発のニュース・ドキュメント番組ばかりになってしまい、どうしても日本から見た視点で楽しめる番組は少ない。その点貴重。
特に英検二次対策に有効。毎日録画しておき、メモを取りながら観る習慣をつけていれば、英検1級二次試験でも説得力のある事例には事欠かなくなるだろう。
あと、スポーツ中継で放送がなくなってしまうこともあるので、普段から撮りだめしておきたい。放送時間もときどき変わるので注意。
語い ☆☆☆☆☆
時事性 ☆☆☆☆☆
口語力 ☆☆☆
話題力 ☆☆☆☆☆
密度 ☆☆☆
英検1級2次 ☆☆☆☆☆

PBSニュースアワー BS1:毎週月〜土曜 午後2時〜2時45分、深夜3時45分〜4時35分
総合 ☆☆☆☆ 米国公共放送の看板番組 PBS Newshour 。BS1で放送しているほか、ウェブでも多少遅れて放送の録画・録音をスクリプトつきで見聞きすることができる。
ウェブ上のアーカイブが充実しており、関連したトピックの話題を一気に聞いてまわりたいときなど便利。
ただし、米国のニュース番組なので、興味が持てない話題等もあると思う。
平日毎日45分の放送の間に3〜4つのトピックスを扱っているので、気に入ったものだけを集中して観ることにし、あとは捨ててしまって構わないだろう。
公共放送としての立場を意識しているのか、政治家、新聞記者、団体職員などの有識者を一人または複数呼んで生インタビュー形式でしゃべらせるようなときでも、アナウンサーがあまり深く立ち入ったところまで突っ込んで聞くようなことはせず、つまらない。むしろ、おもしろいのは、編集済みのドキュメント系。普通の人の普通のコメント、普通の学者の普通のフランクな話しぶりがたくさん聴ける
ノリが暗く、毎日観ていると飽きるので、その点だけ注意。
語い ☆☆☆☆☆
時事性 ☆☆☆
口語力 ☆☆☆☆
話題力 ☆☆☆
密度 ☆☆☆☆☆
英検1級2次 ☆☆☆☆


英語書辛口ツアーへ
ごくらく語学へ

らくらくとーいっく
英検1級ベストアプローチ

こねこねのさいとトップへ