やさしいビジネス英語 Vol.1 決定版 NHK出版
英検1級1次 ☆☆☆☆☆ 杉田敏先生著「NHKやさしいビジネス英語」の荒木裕美シリーズ単行本全3巻のひとつ。
17のビニェットと2枚のCD-ROMから成っている。CD-ROMにはパソコン上で特定のフレーズをフレーズをくり返し聞くための機能等もついている。
ビニェットの質についてはもういまさら書くこともないだろうと思う。扱うテーマの魅力、使われる語いの質は確かなものである。TOEIC600点台後半から十分やれるはず。ぜひとも取り組んで欲しい教材である。
(下につづく)
英検1級2次 ☆☆☆☆
TOEIC 900点 ☆☆☆☆☆
TOEIC 800点 ☆☆☆☆☆
TOEIC 700点 ☆☆☆☆☆
TOEFL 245点 ☆☆☆☆

やさしいビジネス英語 Vol.2 決定版 NHK出版
英検1級1次 ☆☆☆☆☆ 力をつけたいときは、1日に1章づつのペースで進めたい。1章は4つのパートに分かれているので、各パートごと、最初は絶対にテキストは見ず、いきなりCDを聞く。2〜3回とにかく集中して聞き、それからCDを途中で止めながらでもCDを聞かないででもよいからいちど丁寧にビニェットのスクリプトを単語をチェックしながら読んでみる。それから、もう2回ぐらい何も見ないで集中して聞いてみる。それから、もう一度、今度はテキストを見ながら(読まない)聞いてみる。キリがよいと感じたら、そこで終了。聞き取れなくて納得いかない部分もあるかもしれないが、それでも15〜20分かけたら次ぎのパートに進むという具合にやる。
(さらにつづく)
英検1級2次 ☆☆☆☆
TOEIC 900点 ☆☆☆☆☆
TOEIC 800点 ☆☆☆☆☆
TOEIC 700点 ☆☆☆☆☆
TOEFL 245点 ☆☆☆☆

やさしいビジネス英語 Vol.3 決定版 NHK出版
英検1級1次 ☆☆☆☆☆ 一日1章それをした上で、前の日、1週間前にやった章を復習しよう。復習は1章15分ぐらいで十分。
これをとりあえず1週間続けることができれば、前の週にぜんぜん聞き取れなかったものが驚くほどよく聞き取れるようになっていることを実感できるだろう。
現状維持で十分というときとは異なり、力をつけたいときは、どうしてもある程度集中して力を注がなくてはならない。最初の最初の段階でそれができるか、その効果を実感できるかどうかが、語学の(に限らないが)ステップアップのサイクルに乗れるかどうかの分かれ目だと思う。

個人的には、「決定版」3冊は、面白い順に並べ替えると Vol.3、Vol.1、Vol.2 だと思う。
英検1級2次 ☆☆☆☆
TOEIC 900点 ☆☆☆☆☆
TOEIC 800点 ☆☆☆☆☆
TOEIC 700点 ☆☆☆☆☆
TOEFL 245点 ☆☆☆☆

NHKやさしいビジネス英語ベストセレクションVol.1 NHK出版
英検1級1次 ☆☆☆☆☆ 「決定版」に収録された荒木裕美シリーズの一つ前、宮川輝行シリーズの単行本。
こちらは、パソコンを使った学習のためのソフト等は入っていないが、そのかわりに、各単行本ごとにビニェットが20収録されている。
収録されているビニェット自体はは91年とか93年とかに放送されたものなのだが、もちろん、話の流れや語いに古さは感じられない。
Vol.1 は全体にビニェットに緊張感があり、聴いているほうも自ずと集中させられる。ここに挙げた「決定版」「ベストセレクション」の5冊の中では、ピカイチのイチオシである
英検1級2次 ☆☆☆☆
TOEIC 900点 ☆☆☆☆☆
TOEIC 800点 ☆☆☆☆☆
TOEIC 700点 ☆☆☆☆☆
TOEFL 245点 ☆☆☆☆

NHKやさしいビジネス英語ベストセレクションVol.2 NHK出版
英検1級1次 ☆☆☆☆ 「ベストセレクション」は単行本が2冊出版されている。
「どちらもイチオシ...」と言いたいところなのだが、残念ながら、僕の中では、Vol.2はVol.1より多少評価が落ちる。
評価の落ちる最大の原因は、ビニェットの吹込みをしている役者の質が落ちるということ。
主人公宮川輝行をはじめとした多くのキャラクターの声に感情が入っておらず、Vol.1のころより臨場感がなくなっている。その傾向は、特に後半で顕著。
つまらないので、どうしても集中できない。特に、かなり力がつくまでは、聴着続けるのはキツいのではないかと思う。
ビニェットのスクリプトが悪いわけではないので、その点残念。
英検1級2次 ☆☆☆☆
TOEIC 900点 ☆☆☆☆
TOEIC 800点 ☆☆☆☆
TOEIC 700点 ☆☆☆
TOEFL 245点 ☆☆☆


英語書辛口ツアーへ
ごくらく語学へ

らくらくとーいっく
英検1級ベストアプローチ

こねこねのさいとトップへ