サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ


第1条 競技のフィールド

大きさ(a)
競技のフィールド(以下、フィールドとする)は長方形とする。タッチラインの長さはゴールラインの長さより長くなければならない。
長さ 最小 90m(100yd)
   最大120m(130yd)
幅  最小 45m( 50yd)
   最大 90m(100yd)

国際試合
長さ 最小100m(110yd)
   最大110m(120yd)
幅  最小 64m( 70yd)
   最大 75m( 80yd)

フィールドのマーキング
フィールドはラインでマークする。エリアの境界線を示すラインはそのエリアの一部である。
長い方の2本の境界線をタッチライン、短い方の2本の境界線をゴールラインという。
すべてのラインの幅は12cm(5in)を超えてはならない。
フィールドはハーフウエーラインで半分ずつに分けられる。
ハーフウエーラインの中央にセンターマークをしるす。これを中心に半径9.15m(10yd)のサークルを描く。

ゴールエリア
フィールドの両端に以下のようにゴールエリアを設ける:
ゴールポストの内側から、5.5m(6yd)のところに、ゴールラインと直角に2本のラインを引く。このラインはフィールド内に5.5m(6yd)まで引き、その先端をゴールラインと平行なラインで結ぶ。これらのラインとゴールラインで囲まれたエリアがゴールエリアである。

ペナルティーエリア
フィールドの両端に以下のようにペナルティーエリアを設ける:
ゴールポストの内側から、16.5m(18yd)のところに、ゴールラインと直角に2本のラインを引く。このラインはフィールド内に16.5m(18yd)まで引き、その先端をゴールラインと平行なラインで結ぶ。これらのラインとゴールラインで囲まれたエリアがペナルティーエリアである。
それぞれのペナルティーエリア内に、両ゴールポストの中央から11m(12yd)で両ゴールポストから等距離のところにペナルティーマークを描く。それぞれのペナルティーマークから半径9.15m(10yd)のアークをペナルティエリアの外に描く。

フラッグポスト
各コーナーには、旗をつけた先端のとがっていない高さ1.5m(5ft)以上のフラグポストを立てる。
ハーフウエーラインの両端に、タッチラインから1m(1yd)以上離してフラッグポストを立ててもよい。

コーナーアーク
それぞれのコーナーフラッグポストから、半径1m(1yd)の四分円をフィールド内に描く。

ゴール
ゴールはそれぞれのゴールラインの中央におく。
ゴールはコーナーフラッグポストから等距離に垂直に立てられた2本のポストと、その頂点を結ぶ水平なクロスバーとからなる。
ポストの間隔は7.32m(8yd)で、クロスバーの下端からグラウンドまでの距離は2.44m(8ft)である。
ゴールポストとクロスバーの幅と幅、厚さと厚さはそれぞれ同じで、12cm(5in)を超えてはならない。ゴールラインの幅はゴールポストおよびクロスバーの幅と同じである。(b)ネットをゴールとその後方のグラウンドに取り付けることが出来るが、それは適切に支えられ、ゴールキーパーの邪魔にならないようにする。
ゴールポストとクロスバーは白色でなければならない。

安全
ゴールはグラウンドに確実に固定しなければならない。移動式ゴールはこの要件を満たしている場合にのみ使用できる。


国際評議会の決定事項

決定1
クロスバーが移動したり破損した場合は、それが修復されるか元の位置に戻されるまで、プレーを停止する。修復が不可能な場合は、試合は放棄される。クロスバーの代わりにロープを使用することは認められない。クロスバーが修復できた場合は、プレーを停止したときにボールのあった地点でボールをドロップして試合を再開する。

決定2
ゴールポストとクロスバーは木材、金属またはその他の承認された材質で作らなければならない。その形は正方形、長方形、円形、楕円形のいずれかで、競技者に危険なものであってはならない。

決定3
チームがフィールドに入場してからハーフタイムで離れるまで、およびハーフタイム後に際入場してから試合の終了まで、フィールドあるいはフィールドの設備(ゴールネットとそれで囲まれたエリアの含む)には、有形でも映像でも一切の商業広告は認められない。特に、ゴール、ネット、フラッグポストやその旗には、一切の宣伝物を表示してはならない。これらのものによけいな備品(カメラ、マイクロフォンなど)を付けてはならない。

決定4
テクニカルエリア内あるいは、タッチラインおよびゴールラインの外側1メートル以内の地面には、いかなる広告も認めない。さらに、ゴールラインとゴールネットの間のエリアにも広告は許されない。

決定5
FIFA、大陸連盟、各国協会、リーグ、クラブ、その他の団体の公式ロゴやエムブレムを、決定3に規定されたプレー時間中は、有形でも映像でもフィールドやフィールドの設備(ゴールネットとそれで囲まれたエリアを含む)に表示してはならない。

決定6
コーナーキックを行うときの距離の確実に守らせるために、コーナーアークから9,15m(10yd)離れたところに、フィールドの外側にゴールラインと直角のマークをつけることができる。(c)


(財)日本サッカー協会の決定

a)日本国内での国際試合および国民体育大会等の全国的規模の大会でのフィールドの大きさは105mX 68mとする(1985年11月21日理事会決定)。
なお、国際サッカー連盟はワールドカップ、オリンピック、ワールドユース大会等でのフィールドの大きさは105mX 68mと定めている。

b)クロスバーおよびゴールポストの幅・厚さとも12cmのものが最も最適と考える。

c)このマークはゴールラインから5cm離して直角に30cmの長さの白線をつける。


サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ