サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ


第6条 副審

任務
副審は2人任命される。副審の任務は主審の決定に従いつつ、次のことを合図する:
・ボールの全体がフィールドの外に出たとき
・どちらのチームがコーナーキック、ゴールキック、あるいはスローインを行うべきか
・競技者がオフサイドポジションにいることによって罰せられるとき
・競技者の交代が行われようとしているとき
・主審の見ていなかった不正行為やその他の出来事が起きたとき
・反則が起きたとき、その行為に副審が主審より近いときはいつでも(特定の状況下で、反則がペナルティーエリア内で起きたときを含む)
・ペナルティーキックのとき、ボールがけられる前にゴールキーパーが前方へ動いたか否か、また、ボールがゴールラインを越えたか否か

援助
副審は、主審が競技規則に従って試合をコントロールすることを援助する。特に9.15メートルの距離をコントロールする援助を行う目的で、フィールドに入ることができる。
不法な干渉あるいは不当な行為を行ったときは、主審はその副審を解任し、関係機関に通告する。


サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ