サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ


第13条 フリーキック


フリーキックの種類
フリーキックには直接と間接がある

直接、間接フリーキックのいずれの場合も、キックが行われるときボールは静止しており、キッカーは他の競技者にボールが触れるまではボールに再び触れてはならない。

直接フリーキック
・直接フリーキックが行われ、ボールが相手ゴールに直接入った場合、得点となる
・直接フリーキックが行われ、自分のゴールに直接入った場合、コーナーキックを相手チームに与える

間接フリーキック
シグナル
主審は一方の腕を頭上に上げて、間接フリーキックであることを示す。主審はキックが行われ、そのボールが他の競技者に触れるか、またはアウトオブプレーになるまでその腕を上げ続ける。

ボールがゴールにはいる
ボールがゴールに入る前に他の競技者に触れた場合にのみ、得点となる。
・間接フリーキックが行われ、ボールが相手ゴールに直接入った場合、ゴールキックとなる
・間接フリーキックが行われ、自分のゴールに直接入った場合、相手チームのコーナーキックとなる

フリーキックのときの位置
ペナルティーエリア内のフリーキック
守備側の直接、間接フリーキック:
・相手競技者は9.15m(10yd)以上ボールから離れる
・相手競技者は、ボールがインプレーとなるまでペナルティーエリアの外にいる
・ゴールエリア内で与えられたフリーキックは、そのエリア内の任意の地点から行う

攻撃側の間接フリーキック:
・相手競技者は、ボールがインプレーになるまで、自分のゴールポスト間のゴールライン上に立つ場合を除いて、9.15m(10yd)以上ボールから離れる
・ボールがけられて移動したときボールがインプレーとなる
・ゴールエリア内で与えられた間接フリーキックは、違反の起きた地点に最も近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上から行う

ペナルティーエリア外のフリーキック
・相手競技者は、ボールがインプレーになるまで9.15m(10yd)以上ボールから離れる
・ボールがけられて移動したときにボールがインプレーとなる
・フリーキックは違反の起きた地点から行う

違反と罰則
フリーキックを行うとき、相手競技者が規定の距離よりボールの近くにいる場合:
・キックを再び行う

ペナルティーエリア内で守備側がフリーキックを行ったとき、ボールが直接インプレーにならなかった場合は:
・キックを再び行う

ゴールキーパー以外の競技者によるフリーキック
ボールがインプレーになって他の競技者に触れる前に、キッカーがボールに再び触れた場合(手による場合を除く):
・違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与える

ボールがインプレーになって他の競技者に触れる前に、キッカーが意図的にボールを手で扱った場合:
・違反の起きた地点から行う直接フリーキックを相手チームに与える
・違反がキッカーのペナルティーエリアの中で起きた場合は、ペナルティーキックを与える

ゴールキーパーによるフリーキック
ボールがインプレーになって他の競技者に触れる前に、ゴールキーパーがボールに再び触れた場合(手による場合を除く)
・違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与える

ボールがインプレーになって他の競技者に触れる前に、ゴールキーパーが意図的にボールを手で扱った場合:
・違反がゴールキーパーのペナルティーエリアの外で起きた場合は、違反の起きた地点から行う直接フリーキックを相手チームに与える
・違反がゴールキーパーのペナルティーエリアの中で起きた場合は、違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与える


サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ