サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ


第16条 ゴールキック

ゴールキックは、プレーを再開する方法のひとつである。

相手チームのゴールに限り、ゴールキックから直接得点することができる。

次のとき、ゴールキックを与える:
・攻撃側の競技者が最後にボールに触れて、地上、空中を問わず、ボールの全体がゴールラインを越え、第10条による得点とならなかった

進め方
・守備側の競技者がゴールエリア内の任意の地点からボールをける
・ボールがインプレーになるまで相手競技者はペナルティーエリアの外にいる
・ボールが他の競技者に触れるまでキッカーはボールを再びプレーしない
・ボールがペナルティーエリアの外に直接けり出されたときボールがインプレーとなる

違反と罰則
ボールがペナルティーエリアの外に直接けり出されなかった場合:
・キックを再び行う

ゴールキーパー以外の競技者によるゴールキック
ボールがインプレーになって他の競技者に触れる前に、キッカーがボールに再び触れた場合(手による場合を除く):
・違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与える

ボールがインプレーになって他の競技者に触れる前に、キッカーが意図的にボールを手で扱った場合:
・違反の起きた地点から行う直接フリーキックを相手に与える
・違反がキッカーのペナルティーエリアの中で起きた場合は、ペナルティーキックを与える

ゴールキーパーによるゴールキック
ボールがインプレーになって他の競技者に再び触れる前に、ゴールキーパーがボールに再び触れた場合(手による場合を除く):
・違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与える

ボールがインプレーになって他の競技者に触れる前に、ゴールキーパーが意図的にボールを手で扱った場合:
・違反がゴールキーパーのペナルティーエリアの外で起きた場合は、違反の起きた地点から行う直接フリーキックを相手チームに与える
・違反がゴールキーパーのペナルティーエリアの中で起きた場合は、違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与える

本条のその他の違反に対して:
キックを再び行う


サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ