サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ


第4条 競技者の用具

安全
競技者は、自分自身あるいは他の競技者に危険となるような用具やその他のもの(宝石類を含む)を身につけてはならない。

基本的な用具
競技者が身につけなければならない基本的な用具は:
・ジャージまたはシャツ
・ショーツ−−サーマルアンダーショーツを着用する場合は、主な色がショーツの主な色と同色とする
・ソックス
・すね当て
・靴-キャンバスまたは柔らかい皮革製で、靴底がゴムまたは類似の材質のトレーニングシューズあるいは体育館用シューズのタイプのみが許される。靴は、必ず着用しなければならない。

ジャージまたはシャツ
・すべてのシャツには、1番から15番までの背番号が着けられる
・背番号の色は、ジャージの色と明らかに区別がつくものとする

国際試合においては、小さなものでよいが、服装の前にも番号をつけるものとする

すね当て
・すね当ては、ソックスによって完全に覆われる
・適切な材質(ゴム、プラスチック、または類似のもの)で作られている
・それ相応の保護に役立つ

ゴールキーパー
・ゴールキーパーは、長いトラウザーズを着用することができる
・それぞれのゴールキーパーは、他の競技者および審判と容易に区別のつく色の服装をする

フィールドの競技者はゴールキーパーと入れ替わる場合、競技者が着用するゴールキーパーのジャージにはその競技者の背番号を付けなければならない。

違反と罰則

本条の違反に対して:
・主審は、違反をした競技者にピッチから離れて用具を正すように、または身に付けていない用具を身に付けるように指示する。その競技者は、審判の1人に通知し、用具が適正であることが確認された後でなければピッチに戻ることができない。競技者は、ボールがアウトオブプレーのときにのみ試合への復帰が認められる。

サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ