サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ


第5条 主審

主審の権限

それぞれの試合は、主審によってコントロールされる。主審がピッチの設置された場所に入ったときからその場所を離れるまで、任命された試合に関して競技規則を施行する一切の権限を持つ。

権限と任務

主審は:
・競技規則を施行する
・違反をされたチームがアドバンテージによって利益を受けそうなときは、プレーを続けさせる。しかし、予期したアドバンテージがそのときに実現しなかった場合は、そのもととなった違反を罰する
・試合の記録を取り、関係機関に試合報告書を提出する。報告書には、試合前、試合中、あるいは試合後の、競技者、あるいはチーム役員に対する懲戒処置やその他の出来事に関する情報が含まれる
・タイムキーパーがいない場合、その任務を行う
・競技規則のあらゆる違反に対して、あるいは外部からのなんらかの妨害があった場合、試合を停止し、中断し、あるいは打ち切る
・警告や退場となる違反を行った競技者に懲戒処置をとる
・認められていない者がピッチ内に入らないようにする
・競技者が重症を負ったと主審が判断した場合は、試合を停止し、負傷者をピッチから運びだすようにする
・競技者の負傷が軽いと主審が判断した場合は、ボールがアウトオブプレーになるまでプレーを続けさせる
・使用するすべてのボールが第2条の要件に適合していることを確かめる

主審の決定
プレーに関する事実についての主審の決定は最終である


決定事項

決定1
主審と第2審判が同時に反則の合図をし、どちらのチームを罰するかに不一致があった場合、主審の判定が優先される。

決定2
主審と第2位審判は、ともに競技者に警告および退場を命ずることができる。しかし、両者の間に不一致があった場合、主審の決定が優先される。


サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ