サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ


第15条 ペナルティーキック

直接フリーキックとなる違反を自分のペナルティーエリアの中で、インプレー中に犯したとき、相手チームにペナルティーキックを与える。
ペナルティーキックから直接得点することができる。

前、後半の終了時および延長戦の前、後半の終了時に行うペナルティーキックのために、時間を追加する。

ボールと競技者の位置
ボールは:
・ペナルティーマークの上に置く

ペナルティーキックを行う競技者:
・特定する

守備側のゴールキーパー
・ボールが蹴られるまで、キッカーに面して、両ゴールポストの間のゴールライン上にいる。

キッカー以外の競技者は、次のように位置する:
・ピッチの中
・ペナルティーエリアの外
・ペナルティーマークの後方
・ペナルティーマークから5m以上離れる

進め方
・ペナルティーキックを行う競技者はボールを前方にける
・ボールが他の競技者に触れるまで、キッカーは再びボールをプレーしない
・ボールがけられて前方へ移動したとき、インプレーとなる

ペナルティーキックを通常の時間内に行う、あるいは前、後半の時間を延長して再び行うとき、ボールが両ゴールポスト間とクロスバーの下を通過する前に、次のことがあっても得点が与えられる:
ボールが両ゴールポスト、クロスバー、ゴールキーパーのいずれか、あるいはそれらに触れる

違反と罰則
守備側競技者が本条に違反する:
・得点にならなかった場合、キックを再び行う
・得点になった場合は、キックを再び行わない

・キックを行う側の競技者が本条に違反する:
・得点になった場合は、キックを再び行う
・得点にならなかった場合は、キックを再び行わない。

キックを行う競技者がボールがインプレーになったのち、競技規則に違反する:
・違反の起きた地点から行う間接フリーキックをあいてチームに与える。ただし、その地点がペナルティーエリア内の場合、その地点に最も近いぺなる地h-エリアライン上から間接フリーキックを行う


サッカー競技規則を表示
フットサル競技規則を表示
「審判手帳」へ
こねこねのさいとトップへ