ラノ・ララク
空を見あげて
君が来るのを待っていたよ

この大地には
同じ風が何度も吹いたよ

君じゃない誰かが
何度もここに来たよ

伝えたいことがたくさんあるのに
君はまだ帰ってこない

ラノ・ララクは、イースター島のモアイ切り出し山です。
島全体に残っている完成したモアイの数よりも、
ここで製造の過程にあるモアイのほうが、だんぜんに多いのです。

モアイの製造にはとても多くの労力が割かれていたのに、
多くはその過程で急に投げ出されてしまったかのようでした。

僕は、突然に見捨てられて、魂をふきこまれることのなかった彼らを、
とてもかわいそうだと思うのです。
いつかそのつづきに入るときを信じて、ずっと待っているかのようで。


管理人にメールする
「サンチャゴを歩こう」トップへ
こねこねのさいとトップへ