塞翁(さいおう)が馬(うま)

中国、北辺の塞(とりで)に住む老人(塞翁)の持ち馬が胡(こ)の地に逃げた。人々は気の毒がったが、老人は「いや、私は悲しまないぞ。」と言った。やがてその馬はりっぱな馬を連れて帰って来た。人々は祝いにかけつけたが、老人は「いや、私は喜ばないぞ。」と言った。二頭の間に良馬が生まれ、老人の子はその馬から落ちて足を折った。かけつけた人々に「いや、私は悲しまないぞ。」と老人は言った。やがて胡の軍勢が侵入し、若者たちは戦って十中九人まで死んだが、足を折った老人の息子は不具のため戦わず、父子共々命長らえたという。


「人生では災いがいつ福の因になるかわからず、また福がいつ災いの因になるかわからない。吉凶福禍の転変は測り知れず、禍も悲しむにあたらず、福も喜ぶにたりないと言うが。」
「なんだよ、やぶから棒に。」
「ふりかえって鑑みると、ワシの人生は喜怒哀楽というものがまるでなく、味気ないものだった気がするのじゃよ。」


追加の注文はこちらから
注文の多い料理店
こねこねのさいとトップへ