「受験番号4814番の君、ちょっと、こっちの部屋に来てくれるかな?」
「え?あ、はい。」

「この受験票の写真、君の顔とぜんぜん違うじゃないか。」
「ああ、これですか。」
「どういうことなんだ?」
「受験願書を送ったときには替え玉受験をしようと思っていたんで、友達の写真を貼ったんです。だけど、やっぱり自分で受けることにしたんですよ。不正はいけないですからね。」


追加の注文はこちらから
注文の多い料理店
こねこねのさいとトップへ