「セリヌンティウスさん、やはり、メロス君は帰ってきませんでしたな。あなたの手術を自ら買って出たはずの、肝心の彼が戻ってこないのではどうしようもない。残念ながら、もうタイムリミットだ。教授である私が執刀しましょう。」
「まて!メロスはここにいるぞ!私はメロスだ!メロスは走ってきた!メロスは帰ってきたぞ!メロスは、日没までに帰ってきたのだ!」
「メロス先生!セリヌンティウスさんを手術台にはりつけにしたまま、3日もの間、どこに行っていたんですか?!」
「妹の結婚式に出た後、昼寝をして、盗賊に襲われていたのだ...。さて、聞いてくれ。セリヌンティウスよ。私は一度だけ、おまえを裏切り、ここに来ることをやめてしまおうかと思ったことがあった。」
「そんなことより、メロス!おまえ、汗臭いぞ!」


追加の注文はこちらから
注文の多い料理店
こねこねのさいとトップへ