泣いて馬謖を斬る

(諸葛孔明の部下の馬謖が、命に背いて大敗を招いたとき、孔明はその責任を追及して斬ったという「蜀志‐馬謖伝」から)私情において忍びないが、規律を保つために、たとえ愛する者でもやむを得ず処罰する。涙をふるって馬謖を斬る。

小学館 国語大辞典(新装版)


「あいつ、どうして処刑されるんだ?」
「孔明先生の愛馬まで食べちゃって、そのせいで負けたらしいんだ。」


追加の注文はこちらから
注文の多い料理店
こねこねのさいとトップへ