イキケ
褐色の空 混濁の海
絶望の砂漠は続く

焼けつく息の中
誰かを待った

僕らは取り残された
そうして水の匂いを懐かしむのだ

ありふれた砂の渦にも似た
葛藤の香りに喘ぎながら


管理人にメールする
「サンチャゴを歩こう」トップへ
こねこねのさいとトップへ