バルセロナ
海に臨む丘に城があって
僕はそこのバールで冷えたコーラを飲んだ
閉じた瞳には黄色い太陽
黄色い砂の感触は靴底からも正確に感じとられた

乾いた城壁をトカゲが這っていた
大きな砲台は錆びついて 黒くて 重くて
熱く焼けていて 静かだった

海からは波の音が聞こえてくる気がした
坂道からは梢の揺れる音がした
潮風は僕の頬を撫でていって爽快だった

僕は少しだけ眠くなった
暖かい日射しと風は僕の舌で混じり合い
軽く握った手のひらにもやわらかくしみこんできた

黄色い砂と黄色い太陽の感触が
僕の中枢をめくるめく支配した


管理人にメールする
「サンチャゴを歩こう」トップへ
こねこねのさいとトップへ