初夏
雨の季節は昨日おわった
湿り気を含んだ草の匂いが鼻をついた

あたらしい季節へ−
日射しは強く柔らかかった
目を閉じると波のざわめきが聞こえてきた

手に触れるものすべてを祝福したくなるような朝の躍動感の中
ぼくは誘われるようにオロンゴの岬を一気に駆け上がった

ラパヌイの一日がはじまる


管理人にメールする
「サンチャゴを歩こう」トップへ
こねこねのさいとトップへ