デジタルビデオ★★★★★
2ヶ国語テレビ放送を録画するのに必須。僕はSonyのバイオをデスクトップで持っているので、それにそのまま搭載されているGigaPocketを使っている。デジタル系のビデオの機能的に優れているところは、たとえば
・ソフトが場所をとらないこと
・録画中でも再生できること
・自動繰り返し再生なんか楽にできるので、手間がかからないこと
英語関係以外の番組も録画できるので、家電としても当然便利。
その他、GigaPocketの利点は、ネット上にある番組表から1クリックで録画予約ができることで、これは非常に便利。導入初期は、僕は2ヶ国語放送という2ヶ国語放送を片っ端から予約していって、全部観ていった。


BSチューナー★★★★★
地上波の放送だけでは、やっぱりソフトが不足。BSでやっている英語ニュースを是非とも録画したい。
NHKのニュースでも、地上波のものは同時通訳スタイルだから、どうしてもネイティブの文法、語法が必ずしも適切でないことがある。民放の番組は、途中に放送局の都合で日本語のCMが入るのが難。集中が切れる。



プリンター★★★★★
必須。調べた単語を片っ端からプリントしていくのがラク。単語帳を作って、丁寧に書き写して、なんて面倒なことはしないほうが早い。パソコンの辞書ソフトを立ち上げておいてテレビを観ながら辞書を引く。プリンタボタンをバシバシ押していく。番組が終わったらプリントされた紙をときどき読み返して、覚えたと思ったものから捨てていく。これがラク。
自動出題系ソフトを自作してから以前ほど使わなくなったが、やはりないとあまりにも不便。



無線LAN搭載ノートパソコン★★★☆☆
これがあれば、家のどこでもパソコンを立ち上げて辞書代わりにしているときに、プリンターで印刷ができる。RealAudioも聞ける。携帯性を考えると、やっぱりB5ノートか。
本が手元になくても、寝転がりながらでもそれなりに使える。モチベーションが低いときのすごし方はとても大切だ。



管理人にメールする
らくらくとーいっくトップへ
こねこねのさいとトップへ