次回予告

ラパヌイをめぐる歌 その1 "朝"

磨きたてのエメラルドのような朝
ちょっとした退屈に息切れした少女は
初夏の日射しのあざやかな賑わいに惑わされ
ひとり渚の波音を駆け抜けて
その入り江に激しい飛沫を浴びにゆくのだ−


雨の季節は昨日おわった
湿り気を含んだ風が鼻をついた

あたらしい季節へ−
日射しはつよくてやわらかかった
目を閉じると波のざわめきが聞こえてきた

手に触れるものすべてを祝福したくなるような朝の躍動感の中
ぼくは誘われるようにオロンゴの岬を一気に駆け上がった

ラパヌイの一日がはじまる


こねこねの南米旅行記 "朝" 乞うご期待 !!

(イースター島のことを、地元の人はラパヌイと呼びます)

南米旅行記巻頭にもどる

ご意見、ご感想をもらえると、すごく嬉しいです
管理人にメールする