ある交響楽団の演奏旅行で、用意される食事がねずみに食い荒らされる事件が頻発した。
困り果て全員で話し合った結果、その日の晩にホウ酸入りの餌を食堂の隅におくことにした。

翌朝、食堂の入り口で団員の一人が、一匹の死んでいるネズミを発見した。

さらに彼は、食堂に入ると、たくさんのびよりすが倒れているのを発見した。


作者にメールする
びよらじょーく
こねこねのさいとトップへ