あるきこりが、とある湖のほとりで休憩をしていたのだが、間違って斧を落としてしまった。
すると、湖から金のびよらと銀のびよらを持った美しい精霊が現れて、こう聞いた。
「あなたが落としたのは、この金のびよらですか?それとも、この銀のびよらですか?」

きこりは、斧のことはあきらめて帰っていった。

めいきんぐ・おぶ 「湖の精 その1〜4」へ


作者にメールする
びよらじょーく
こねこねのさいとトップへ