「私は植え込みに住む妖精です。さきほどは、あぶないところを助けていただきありがとうございました。お礼に、もしあなたにただひとつの望みがあるとしたら、それを叶えてあげたいと思います。どうか、何かあればおっしゃってください。」
「私の唯一の望みを叶えていただけるんですか?ええ、ありますとも!私は重い病を患っているのですが、医者にも恵まれず、大変苦労しています。」
「フムフム。」
「だからお願いです。担当の先生を代えてください。」


ヤブクランケにメールを送る
ヤブ医者、ヤブクランケ
こねこねのさいとトップへ