「ああ、奥さん、どうもこんにちは。お待ちしておりました。」
「お久しぶりです先生。どうしたのですか?急に呼び出したりして。」
「こんにちは。お待ちしておりました。」
「ああ、婦長さんもこんにちは。その節は、大変お世話になりました。」
「はい...。」
「で、ご用件は、何でしょう?」
「ええ、実は、ですね...。大変申し上げにくいのですが...。」
「はい。」
「実は...。」
「はい...。」
「その、ですね...。」
「はい...。」
「...。」
「...。」
「...?」
「実は...。」
「はい。」
「...。」
「...。」
「...?」
「も、申し訳ありません。お子さんが生まれたとき、取り違えをしてしまいました。」
「ええっ!!」
「申し訳ありません。」
「申し訳ありません。」
「そ、それでは...。」
「はい。」
「これまで大事に育ててきた、ウチの双子ちゃんたちは...。」
「...。」
「...。」
「私たちの本当の子供ではないのですか?!」
「あ、いえ。そうではなくて。」
「...?」
「どちらが先に生まれたか勘違いしてまして。よくよく考えたら、お兄ちゃんが弟さん、弟さんがお兄ちゃんでした。」


ヤブクランケにメールを送る
ヤブ医者、ヤブクランケ
こねこねのさいとトップへ