「先生、こんにちは。」
「やあ、いらっしゃい。どうしました?」
「どうも、調子が悪くて...。」
「ははは。どうせ、何かまた変なものでも食べたのでしょう。今度は何ですか?」
「ええ、そのとおりです。さいきん、なんだか気力が湧かないのです。考えてみたら、先日、『不老長寿の妙薬』というのを食べてからなのです。」
「そうですか。まあ、とりあえず帽子を取って、上半身裸になってください。ゆっくり話を聞きましょう。」
「はい、ありがとうございます...。ああ、だるい。ふう。」
「あ、ちょっと待って。やっぱりいいですよ。上半身は脱がなくても。」
「あ、そうですか...。」
「ええ。もう、だいたい原因には見当がつきましたから。最近食べたというのは、『冬虫夏草』でしょう。帽子を取ってもらったところで分かりました。」
「あ、え、そのとおりです。でも、どうして?」
「どうしても何も、あなた、頭からキノコが生えちゃってますよ。」


ヤブクランケにメールを送る
ヤブ医者、ヤブクランケ
こねこねのさいとトップへ